飼育情報

キャットタワーの選び方

こんにちは。

あなたの猫は、どんな風に遊びますか?

性格によって高いところに登るのがスキだったり、あんまり運動神経に自信のあるタイプではなかったりといろいろな子がいますよね。

ねこ科の生き物はほとんどの場合木登りが得意です。敵が来ない安心できる場所を求めていたり、より高い場所にいるものの方が優位な立場であったりと理由はいくつかあります。

飼い猫である以上それらは当てはまらないかもしれませんが、本能的に高い場所を求める子がいるのも確かです。

今回は高い場所に移動できるキャットタワーを中心に、そんな性格の子にどんなタワーを選んだらいいかご紹介していきます。

1.キャットタワーとは

1.1 目的

愛猫の、室内での行動範囲を広くすることができます。

猫の体の大きさでは屋外に出さずとも、室内で十分な運動量が確保できるとされいて、環境省も猫は室内飼いを推奨しています。

しかし猫は上下運動が好きで活発な子がいるのも確かなので、猫本来の動きができるような環境にしてあげるためにもキャットタワーは大切なアイテムだと言えます。

1.2 メリット

一般に猫は高いところが好きなので、高いところに登りたい欲を持っていると言えます。

高いところに登ることで、その欲を満足させることができます。

また、登る、降りると言った運動は、平面を歩く時よりも何倍もの負荷が体にかかり、運動量が大きくなります。

室内という限られた範囲で効率よく運動してもらうにはうってつけですね。

1.3 デメリット

ほとんどないとは思いますが、やはり転落の可能性はゼロではありません。

病気でバランス感覚が鈍っていたり、高齢で筋力が落ちているとその可能性は大きくなりますね。

また、強度が足りず倒壊する可能性も否定できません。

仔猫の時に準備したら意外と大きくなってしまったとか、多頭飼いで新しい子をお迎えしたら2匹分の重量に耐えられそうにない。

なんて時は買い替えが必要になります。

猫じゃらしと比べて費用が大きくなりますし、廃棄するにも手間がかかる可能性もあります。

2.キャットタワーの種類

以上を踏まえて失敗しないキャットタワー選びをお伝えします。

2.1 活発な猫

活発な子には高さのあるキャットタワーが必要です。

動き回ることに対しての安定性などを考えると天井突っ張り型が良いでしょう。

例えばアビシニアンシンガプーラなど、小型で活発な猫でしたら

こんな感じのものがおすすめです。

シンプルなデザインでお部屋のインテリアを邪魔しませんし、幅と奥行きが53x70cmとなっていますので邪魔にもならなさそうです。

耐荷重が5kgとなっていますので、小型な猫なら問題ありませんし、棚板は位置を調整できますのでちょっとトリッキーな組み合わせにしても面白いかもしれませんね。

メインクーンなどの大きな猫になってくると、これでは強度が足りません。

こんな感じの、大型猫用とか、多頭飼い用のものをお選びください。

体が大きいと棚板やハウスの中でくつろげませんので、サイズの確認も大事ですね。

多頭飼い用の強度と大きさがあるものの中には突っ張りタイプではないものの、横に幅広くすることで安定性を高めているものもあります。

もちろんそちらでも問題ありませんが、広くなることでお部屋の中では場所を取ります。

お住まいに余裕がある場合は問題ありませんが、よく確認してから購入しましょう。

2.2 おとなしい猫

ペルシャなどの、落ち着いた子や運動能力があまり高くない子には、あえて低いキャットタワーを準備してあげてください。

運動能力も低めの子が多いので、登ったはいいけど降りられなくなったり、足を滑らせたりしてしまうかもしれません。

このくらいのものなら高さもありませんし、足を滑らす可能性も低いですね。幅は49cmという事なのでお部屋の中でも邪魔にはなりにくそうです。

2.3 壁取り付けタイプ、ステップ

このような、壁に取り付けるタイプのステップがあることはご存じでしたか?

”猫 壁 ステップ”なんて検索するといろいろな種類のものが出てきますので、ぜひ見てみてください。

トンキニーズなどの小柄で活発な猫にはちょうど良いですが、 壁に取り付けるという事でどうしても大きさや重量に制限が出てしまいます。

また、取り付けのために壁に穴をあけることにもなりますので、お家や愛猫の状況を鑑みてご購入ください。

猫が日の当たるところが好きな習性を利用した、窓ガラス取り付け対応もあります。

耐荷重15kgって相当です。

牛乳パック15本分くらいです。

大きな猫でも体重は10kgを超えるほどですので、十分な強度といえますし、

でも吸盤は貼り付け面をきれいにしていないと簡単に取れてしまいますので、転落事故にはお気を付けください。

 

3.注意事項

既にお伝えしておりますが、キャットタワーは一度購入したら割と長く使用するもので、簡単に買い替えたりしません。

ですので失敗しないキャットタワー選びをしなければいけません。

形や大きさなどのタイプには前述の分をご参考にしてください。

そして、特に通販で買う時など、気をつけてみていただきたい点としては、

  1. 棚板やハンモックの耐荷重が愛猫の体重を下回っていないか
  2. 強度が十分にあり、華奢なつくりになっていないか
  3. 愛猫の高齢化により、運動能力は落ちていないか
  4. 組み立て式の場合、あなた一人で組み立てられるのか。または手伝ってくれる人はいるのか
  5. インテリアを極端に阻害するデザインになっていないか

なんてところがあると思います。⑤のインテリアに関しては、極端に奇抜な色をしたキャットタワーなんてそうそうないので、あまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

また、破損や買い替えなどで、いつかは廃棄する時が来るはずです。

ほとんどの場合は粗大ごみの扱いになるかと思いますが、中にはダンボールでできたキャットタワーもあります。

こんなやつです。これだと、自治体にもよりますが燃えるゴミとなるところもありますね。

もしも猫が汚してしまったとしても、ダンボールなのでそのまま捨ててしまったり切り取ったりしもよさそうです。

 

このように、多くのキャットタワーがたくさんのメーカーから発売されていて、迷うこともあるかもしれません。

見た目の可愛さなどに誘われることもあるかもしれませんが、そこはぜひ、ご自身の満足度よりも愛猫がケガなく楽しめるものを選んであげてください。

 

ABOUT ME
どんぐり
猫が飼いたいアラサー独身女性。 今は動物が飼えない状況だが、いつの日か猫をお迎えする時のために勉強中。
RELATED POST