飼育情報

病気が少ない猫 12種

こんにちは。

世間一般では、猫は自分の死期を悟ると姿を隠して出てこなくなる。そしてそのまま飼い主に気付かれないまま旅立っていく…なんて言われているところもありますよね。

それって本当なのでしょうか?

実は、猫は体調が悪くなると軒下などの落ち着いた場所で療養しようと身をひそめるのですが、そのまま亡くなってしまうケースもあるのだそうです。

療養したい場所が自分が提供している場じゃないなんてショック…

お別れは必ずやってくるものですが、病気で家族を亡くすショックは大きく、できるだけ穏やかに過ごしてほしいのはみんな同じ。

そんな希望を持たせてくれる、病気の少ない猫種を集めてみました。

ジャパニーズボブテイル

初心者にも飼いやすいジャパニーズボブテイルですが、その理由の一つに病気が少ない。体が丈夫。というのがあります。

元々日本にいた土着猫で、人為的な交配がなく、様々な血が入ったため遺伝子のプールが広いのです。

なぜしっぽが短いのかはわかりませんが、性格的にも非常に穏やかですし、仮に風邪などひいても直りが速かったりするのもおすすめポイントの一つです。

ジャパニーズボブテイルの飼い方・性格・お値段など一挙紹介いわゆる日本猫ってどんなねこ?病気にはかかりやすいの?調べてみましょう。...

アメリカンボブテイル

ジャパニーズボブテイルよりやや大きいのと、出身地がアメリカという点以外はかなり似ています。

アリゾナ州の土着猫が始まりと言われていますので、ジャパボと同じ理由で病気に強いのだと思われます。

日本では少々数が少なく、入手は難しいかもしれませんが、お世話の手間は多くかからず、家族とともに楽しく過ごせる猫であることには間違いありません。

アメリカンボブテイルの飼い方・性格・お値段など一挙紹介しっぽのカタチと名前が似ているジャパニーズボブテイルとは何か関係があるの? ありません。...

アメリカンショートヘア

有名な猫種の一つですね。

直接の元となったブリティッシュショートヘアは病気が多いのに対し、移民と共にアメリカに渡ってから新しい種として確立されたアメリカンショートヘアは病気が少ない猫として知られています。

アメリカに渡った後、地域の猫と交配していくことで丈夫な体を手に入れたのではないでしょうか。

種としての歴史が長く、丈夫な体と安定のカラーが人気で多種猫の品種改良の際、交配相手にもよく選ばれています。

アメリカン・ショートヘアの飼い方・性格・お値段など一挙紹介有名なアメリカン・ショートヘアですが、どんな性格をしているのでしょうか。意外と臆病な面も!?...

アメリカンカール

日本ではその姿を見かけることは少ないのですが、耳が後ろにくるっと巻いた愛らしい顔立ちの猫です。

写真やイラストなどでは見ることも多いですよね。

もともとアメリカの野良猫であったことや、耳がカールする遺伝子は顕性(優性)であることから、近親を含めた無理な交配はされてこなかったのではないでしょうか。

他の猫とは違う、特徴的な耳だけこまめに掃除するよう気をつけたほうが良いのですが、総合的に丈夫で元気な素晴らしい猫です。

アメリカンカールの飼い方・性格・お値段など一挙紹介その名の通り耳がくるんとカールした猫です。特殊な耳に特殊なお世話は必要なのか、あの耳は触ってもいいのか、確認してからお迎えしましょう。...

セルカークレックス

アメリカで偶然生まれた巻き毛の猫です。

人為的な発生ではないので、これまでの猫たちと同じような理由で丈夫な体を持っているのでしょう。

おとなしく飼育しやすいと言われていますが、我慢強いのでイヤなことがあってもおとなしくしてしまうのかもしれません。

もしかしたら、同じように体のどこかが悪くても、我慢してしまうかもしれません。

病気が少ないとはいえ一切かからないわけではありませんので、性格上の注意として、よく観察し、健康診断なども積極的に受診しましょう。

セルカークレックスの飼い方・性格・お値段など一挙紹介 大きさ 3kg~7kg 性格 子供の頃は活発だが、成長すると穏やかになる 病気 少ない ...

サイベリアン

シベリア出身のもっふもふな猫です。

もふっもふです。

本当に。

一般に、同じ種の生き物は南に行くほど体が小さく、北に住む者ほど体が大きいと言われています。

体温維持などが理由なのだそうです。

シベリアに住んでいたサイベリアンも体が大きく、力強く生きるために体を大きく強くし、シベリアの極寒を生き抜いてきたのではないでしょうか。

体が大きいとエネルギー確保のために食事を取りにいかなければいけませんし、そうカンタンに風邪とか引いている場合じゃないのかもしれませんね。

サイベリアンの飼い方・性格・お値段など一挙紹介 大きさ 4kg~9kg 性格 賢く、穏やかで忍耐強い 病気 少ない ねこレベル 自宅に...

トンキニーズ

猫界きってのやんちゃ猫ですが、病気が多いことで知られるシャムの血統です。

シャムっぽい顔立ちはしているものの、シャムとは違う部分もあり、その一つが病気に強いところです。

トンキニーズが作出されるまで、様々な種と交配されている関係で強くなったと思われます。

病気には強いですが、やんちゃすぎてケガが気になるところです。なるべく外には出さず、お部屋のインテリアには気をつけましょう。

トンキニーズの飼い方・性格・お値段など一挙紹介シャムのようでシャムではない、とってもやんちゃなトンキニーズとは!?...

コラット

日本ではあまり聞かない名前ですが、美猫が多いことで知られるタイの出身で、ブルーカラーが美しい細身の猫です。

パッと見はロシアンブルーのようで活発なところやツンデレなところも似ています。

コラットのほうが警戒心が強く、他者とのコミュニケーションが苦手ですので、お客様来訪時や多頭飼いの際はストレスを与えないよう配慮してあげてください。

コラットの飼い方・性格・お値段など一挙紹介ポケモンではありません。猫です。...

ターキッシュアンゴラ

トルコが国を挙げて大切にしている美人猫ですが、元は国内の土着猫なので、遺伝子プールは広いようです。

トルコも、土着していたターキッシュアンゴラも歴史が古いので、種としてほぼ確立されてから、世に広がるようになったのではないでしょうか。

トルコの特別な猫なのであまり外国に出回ることはなく、日本でもほとんど見かけません。

ターキッシュアンゴラの飼い方・性格・お値段など一挙紹介最も古い歴史を持つ猫の一つで、最も美しい猫の一つでもあります。日本ではなぜ見かけないのでしょうか?...

ターキッシュバン

上記ターキッシュアンゴラと同様、トルコが国を挙げて大切にしている猫です。

出身エリアが違うので違う種としてそれぞれ確立していったようですね。

活発な美人で魅力的なのですが、水を好む傾向があるようです。

猫に多い病気は水分摂取をすることで予防につながるものも多く、その水に対して積極的なのは結構なのですが、水に関する事故などが起きないようご注意ください。

ターキッシュバンの飼い方・性格・お値段など一挙紹介トルコ、アララト山の近くでくらしていた猫は、水遊びを好む不思議な猫でした。...

バーマン

現在のミャンマーがまだビルマという名前だった1948年から1989年ごろからいた猫だと言われています。

日本は昭和初期の時代ですね。

どこかの寺院で暮らしていたらしいバーマンの先祖は、いくつかの伝説を残しています。

そのため、ビルマの聖なる猫としても知られています。

甘えん坊でコミュ力が高いので、たくさん可愛がってあげてください。

バーマンの飼い方・性格・お値段など一挙紹介 大きさ 4kg~7kg 性格 甘えん坊 病気 少ない ねこレベル じょうぶ ...

アメリカンワイヤーヘア

名前をご存じの方は多いかもしれませんが、日本ではほとんど見かけることのない珍しい猫です。

アメリカンショートヘアの突然変異で、被毛がワイヤーのようになっていることからこの名前が付けられました。

アメショとの違いはその被毛だけですので、前述の通り病気が少ないアメショの特徴も受け継いでいます。

特徴的な縮れ毛はピンタイプのブラシでお手入れしてあげてください。

あまりサボると飲み込んで絡まりあって、ヘアボールを形成してしまうので気をつけましょう。

アメリカンワイヤーへアの飼い方・性格・お値段など一挙紹介 大きさ 3~5kg 性格 甘えん坊 病気 少ない ねこレベル 入手困難 ...

ここで紹介している猫たちは、あくまで遺伝疾患が少ない猫たちです。

病気にかからないわけではありませんし、病気でお別れする可能性だって十分あります。

遺伝疾患ではない、通常の風邪などには普通にかかります。

油断はせず、定期的に病院へ連れて行き、健康的に過ごしてもらいましょう。

ABOUT ME
どんぐり
猫が飼いたいアラサー独身女性。 今は動物が飼えない状況だが、いつの日か猫をお迎えする時のために勉強中。