病気

色素性蕁麻疹|猫の皮膚の病気

色素性蕁麻疹は現在スフィンクスデボンレックスに確認されていて、明確な原因がわかっておらす、猫の品種を限定した発症をしていることから遺伝疾患の一つとされています。

 色素性蕁麻疹

1.症状

読み方は”しきそ せい じんましん”です

限定された猫種にしか発症せず、その症例も少ないのですが、スフィンクスやデボンレックスの体の表面に、ピンク色の発疹のようなものがたくさん現れる病気です。

かゆみなどの猫の行動の変化については報告がないようなのですが、蕁麻疹の基本的な症状としてかゆみが現れることは多いので、引っかいたり、体をこすりつけるような行動をとる可能性があります。

2.原因と概要

蕁麻疹が発生する直接の原因は人間においてもはっきりしていないのですが、食物や皮膚に接触した植物や刺激、またはストレスなどが原因となるケースが多くあります。

そういった何かが原因で、体内にあるマスト細胞という、免疫にかかわる細胞が刺激を受けると、ヒスタミンを大量分泌してしまいます

ヒスタミンとは、生物の生理機能を促進する細胞なのですが、過剰な分泌がされると体はアレルギー反応を起こします。

この場合は、大量のヒスタミンが毛細血管に作用して血液成分が血管外に漏れ出すことで蕁麻疹特有の腫れが発生する。という流れとなります。

3.治療

治療としては、上記の通り大量のヒスタミンが作用しているので抗ヒスタミン剤を投与することが有効です。

過去の症例では、抗ヒスタミン剤の投与により治療ができ、その後生活環境を特に変えていなくても再発することはなかったとの報告になっています。

4.予防

具体的な予防策はありませんが、猫種を限定した病気であるうえ、さらに発症が少ないこと、加えて命にかかわる重大な病気に発展する病気ではないので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

キャットフード以外の食べ物や原材料が不明なものは与えない、外飼いにしない、などの動物飼育に関する基本的なルールを守り、定期的に健康診断を受診することで予防や早期発見に努めましょう。

また、遺伝疾患であることは判明していますので、発症した場合はその猫による繁殖はさせないことで、その遺伝子を後に伝えないことも大事です。

5.まとめ

ねこ ちゃん
ねこ ちゃん
このあいだスフィンクスにあったとき、なんか言ってたの、これだったのかな
とら くん
とら くん
そうかもね。スフィンクスさんは治ったのかな?
ねこ ちゃん
ねこ ちゃん
うん。だいじょうぶだよ。またこんどあそぶやくそくしてあるし
とら くん
とら くん
それはよかった

色素性蕁麻疹
  • 現在スフィンクス及びデボンレックスに確認されている遺伝疾患
  • 皮膚にピンク色の発疹ができる
  • 抗ヒスタミン剤の投与により改善され、再発する可能性も低い
  • 命にかかわる重篤な病気ではない

当ページの出典はこちらから。

J-STAGEの動物臨床医学より、色素性蕁麻疹の猫の1例を参考にしています。

6.そのほかの病気

他の病気についてもわかる範囲で調べてみました。

こちらの一覧からどうぞ。

猫の病気猫がかかる病気について、その症状や原因、予防など可能な範囲で調べました。専門的な内容を含みますので、正確なことは専門医等へお尋ねください。...
ABOUT ME
どんぐり
猫が飼いたいアラサー独身女性。 今は動物が飼えない状況だが、いつの日か猫をお迎えする時のために勉強中。