病気

ヘアボール(毛球症)|猫の内臓の病気

ねこ ちゃん
ねこ ちゃん
うぇ…
とら くん
とら くん
ねこちゃん、どうしたの?
ねこ ちゃん
ねこ ちゃん
きもちわるい…うえ…
とら くん
とら くん
病院ー!

ヘアボール

1.症状

ヘアボールは飲み込んだ毛が体の中で停滞することで体調に影響を及ぼす病気です。

食道や胃で始まることが多く、猫にとっては元気がなくなり、吐き気、食欲不振、嘔吐のほか腸で起こると排便が上手くいかないと言った症状も出てきます。

胃の場合、状態がひどくなると胃炎を起こし、そこから胃潰瘍など別の病気に発展する可能性がありますので、なるべく早めに病院へ連れて行き、症状が軽いうちに改善してあげましょう。

ペット保険に入るメリットはずばり「早期発見」詳細はこちら
ペット保険 資料請求

2.原因と概要

愛猫が毛を飲み込むことが原因です。

自身の毛づくろいにより飲み込むこともありますが、毛が抜けにくい猫やスフィンクスなどの無毛種であったとしても、仲間をグルーミングした時に飲み込むので、どんな猫にも発生の可能性はあります。

毛は繊維質ですので消化はされません。体内に取り込まれたとしても糞と一緒に排泄されれば問題はないのですが、その量が多すぎると絡まりあった毛がカタマリとなり摂取から排泄までの流れを阻害するのです。

流れの阻害は食道や胃、腸などで発生することがが多く、その先へ進むことができなくなり停滞。先ほどの食欲不振などの症状につながるのです。

3.治療

ヘアボールは命にかかわる重篤な状態になるケースは少ないです。

胃炎に進展していた場合はそちらの治療も行います。

ヘアボールが食道で発生した場合は猫自身が嘔吐して事なきを得ることもあります。

胃や、腸などで発生すると開腹手術により取り出さなければいけなくなりますので、愛猫の体調や年齢など、獣医師とよく相談しましょう。

4.予防

普段からブラッシング、シャンプーを行い、愛猫の毛づくろいの前に抜ける毛を取ってしまいましょう。毛づくろいをやめさせるわけにはいきませんので、大きな効果が期待できます。

特に毛量が多かったり毛が抜けやすい体質を持っている場合は要注意です。

そして長毛種の子、中でもラグドールノルウェージャンフォレストキャットやそれらに近い血筋の子も要注意です。

これらの猫種の子は長毛種の中でも特に毛が長く、量も多いので毛が抜ける量が多く長くて絡まりやすいという事になるのです。

ブラッシングは愛猫との良いコミュニケーションにもなりますので、積極的に行いましょう。

他にも、ヘアボールを防ぐフードも各社から多く販売されています。

種類がたくさんありますので、愛猫の好みに合うものを探してみるのもいいですね。

有名どころのロイヤルカナンやヒルズからももちろん販売されていますので、気になる方はぜひ一度お試しください。

 

ねこ ちゃん
ねこ ちゃん
はぁ、しぬかとおもった
とら くん
とら くん
うまく吐き出せてよかったね
ねこ ちゃん
ねこ ちゃん
うん。これはもうへあぼーるたいさくふーどをしっかりたべてよぼうにつとめなくちゃね
とら くん
とら くん
食べるの好きだね
ねこ ちゃん
ねこ ちゃん
たべて!なおす!

5.まとめ

猫にとってグルーミングは、体を清潔に保つほか、日に当たると体の表面に発生するビタミンDを摂取するための大事な行動の一つです。

やめさせるわけにはいかないので、こちらからできる限りの予防をしてあげましょう。

ヘアボール(毛球症)
  • 飲み込んだ毛が体内で毛玉となって食べ物の流れを阻害する病気
  • 場合によっては開腹手術が必要
  • ブラッシングや対策フードで予防

ウサギにも同じく発生しやすいのですが、ウサギの場合ひどいと死に至ることもあるそうです。

猫の場合はそこまでの事態にはならないと考えられていますので、病気の傾向が見られたら落ち着いて獣医師に相談しましょう。

6.そのほかの病気

他の病気についてもわかる範囲で調べてみました。

こちらの一覧からどうぞ。

猫の病気猫がかかる病気について、その症状や原因、予防など可能な範囲で調べました。専門的な内容を含みますので、正確なことは専門医等へお尋ねください。...
ABOUT ME
どんぐり
猫が飼いたいアラサー独身女性。 今は動物が飼えない状況だが、いつの日か猫をお迎えする時のために勉強中。